手話の仕事・アルバイト~本気度・覚悟

手話の仕事やアルバイトをしたいという
若者が増えています。

多くの先輩方は、そういう皆さんを見て、
「本気度・覚悟が必要!!」
と、おっしゃっています。

手話を学びはじめて、1年後、
100人いた初心者の方は、
およそ60人くらいになります。
2年後、さらに勉強を続けようと思う人は、
大体30人くらい。
3年後、
地域の登録通訳者になれるのは、
このうち、2~3人です。

さらに手話通訳士の資格試験の合格率は、
だいたい毎年10~15%。
スゴクたくさん受かる年が、たまにあり、
そのときで、20~25%。
手話通訳士の試験は、
多くの資格試験の中でも、
かなり合格率が低いのだそうです。

就職先も、かなり限られ、
家の近くで探しても、
なかなか見つからないのが現状です。
やりたいなら、生れ故郷を捨て、
他の地方へ行かなければならないかもしれません。汗

手話の使える現場に入って、
その環境の中で、自分も手話を覚えたい
と思う方がいらっしゃるかも知れません。
でも、それは、ちと「甘い」・・・汗
各現場では、
手話のできない方に来てもらっても、
その方の手話のお世話や通訳はできませんから、
基本、手話のできる方でなければ、
スタッフとして受け入れてくれません・・・・涙

また、ほとんどの現場は、
福祉的土壌の強い職場ですから、
給与や通訳料も安い!!

「あなた、本当に、こういう仕事したいの?」
「技術とかやる気、どれくらいあるの?」
というのが、多くの先輩方の、ご指摘です。

多くの先輩方は、そういった若者の皆さんに、
「自分の生活できる基盤となる仕事を見つけ、
その次に、通訳活動などをしたらどうでしょう?」
と、アドバイスしています。
これは、意地悪なのではなく、
本当に本当に、素直に皆さんの幸せを願ってのことなんです。

ここまでが、私が、このところ、
多くの手話通訳の現場におられる方に、
お聞きしたご意見の、代表的なものであり、
これは、あくまで一般論ですが、
でも、まさに正論でもあり、
大多数の方の本当の気持ちです。
あなたも、一度、考えてみて下さい。

でも、それじゃ、いったい、南や、
そのほか、周りの人たちは、
どうしているのかしら・・・???
あなたも、そう思いますよね。笑

もちろん、誰が無理だといっても、
どんなに不可能に思えることも、
本気ならきっとできるし、
がんばれば、就職できる場所は必ずあります。

そうしたことについては、
近々また、このブログに書かせて頂くとして・・・・

ひとまず、先輩方からは、
「今、全国にいる一握りの人たちのように、手話で生きていく?
そこまでやりたいなら、覚悟が必要だよ!!
どうやって、食っていくつもりなの?
収入は、ちゃんと計算しているの?」
「それでもやりたいというなら、絶対、頑張らなきゃ!!」
「甘くないよ。泣きごとを言わずに、本気でやりなさい!!」
と、伝言を承りました。笑

手話の現場にいる多くの人にとって、
手話で仕事をする・アルバイトをする
とは、こういったイメージです。

まあ、でも、どんな仕事でも、
結局は甘くないって言う意味では、同じだよね。
さあ、あなたは、手話の仕事・アルバイト、
その新しい世界の扉をノックしてみる?

いざ! 覚悟!!

100220自由が丘.JPG
週末の自由が丘。
夜の灯りが、ちょっとメルヘンチックでしょ。

"手話の仕事・アルバイト~本気度・覚悟 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント