手話エンターテイメント~聞こえる人と聞こえない人の場合

ブログメンテ騒動もひとまず収まり、
また、元気に、記事を書いていこうと思います。
みなさん、いつもありがとうございます。

2月後半は、手話の仕事・アルバイトについて、
いろいろ書いてみました。

みなさん、いかがですか?
手話の仕事をしたい 将来は手話通訳士になりたい
と、思っておられる若者の皆さんの
参考になりましたでしょうか?

聞こえる方は、まず、聞こえない方のワールドに飛び込むこと。
そして、仕事の現場に必要な能力を備えること。
(たとえば地域登録通訳者程度以上の能力は必要かなあ・・)
また、手話エンターテイメントなどの場合は、
数年の現場経験も踏むと、より仕事を豊かにしてくれる。
さらに、このブログの読者の方や、
手話の先輩達からのアドバイスに従うなら、
「本気と覚悟」「根性」など、
心の構えも重要ということが、
ここまでの総合的お答えになりそうです。笑

あ、それから、もちろん
手話や聞えない人との出会いを大事にする
こころもね!!

実は、私は、こうした仕事は、
「聞こえる人にかなりハンディがある」と思っています。
第2言語として手話を学んで、
その仕事に就くということは、とても大変です。
ネイティブサイナーなら、自然にできることが、
必死に勉強しなければ身につかないからです。

逆に、手話エンターテイメントなどは、
聞こえない人にとって、
かなり可能性のある分野でもあります。
ろう者の持つ手話自体が、アートそのものだからです。
今後に期待!!!

ぜひ、みんなで力を合わせて、
夢をつむいでいければと思います。
どうぞ、皆さん、これからも、
応援よろしくお願いします。

ビール.JPG
ゆうべは・・・というか、
先ほどまで・・・
またまた、人と会っていました。(笑)
ろう者の居酒屋「ふさお」におじゃまして、
楽しく語り合った一夜でした。
日々、いろんな方が、会いにきてくださり、
本当に、感謝です。

"手話エンターテイメント~聞こえる人と聞こえない人の場合" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント