みんなでつくる手話言語法

月曜は、世田谷区の手話通訳者研修で、
手話言語法制定に向けての、最新情報を、
専門の先生から、教えていただきました。
とても勉強になりました。

__ (6).JPG

「手話が言語である」という法律を、成立させ、
ろう者の手話における権利を
国として保障していこうという、
現場の最先端情報です。

その手話における権利の大まかなものは、
〇 家族など周辺の人が手話に理解を寄せ、
ろう者が、どうどうと自然に手話を身につけることのできる
環境であること。(手話を獲得する権利)
〇 ろうの子供たちが、学校で、
手話による授業を、きちんと受けられる権利。
〇 また、私たちの国語と同様に、
聞こえない子供たちが、授業の中でも、
母語として、「手話」を学べる権利。
〇 病院や役場や、教育の現場、お買いものなどなど、
様々な日々の場面で、手話をのびのびと使える権利。
通訳システムの確立。
〇 手話が言語として、普及・保存・研究される権利

現在、海外では、すでに、
手話を言語として認め、
様々な制度のできている国も、たくさんあります。
韓国も、法制化に向け、急ピッチで、
確認作業が進んでいるとのこと。

フィンランドやハンガリーでは、
憲法の中で手話を認知。
ニュージーランドでは、手話も公用語として認められており、
現在ヨーロッパ諸国では、27か国中17か国が、
手話を法的に認知。
この流れの中で、日本も一日も早い、
法の成立が、望まれています。

今回は、その法制化の動きの、
まっただ中にいる専門家の方のお話を、
直接お聞きすることができ、
感動しました。

みんなで、力を合わせ、
より良い法律を、作れればと、
私も、心から願います。

こうした法律ができていく中で、
ろう者と手話を取り巻く環境も、
もっともっとよくなり、
手話通訳なども、よりきちんとした立場で、
仕事として、取り組めるようになるなど、
これから、時代は、
どんどん変わっていくのではないかと思います。
新しい動きを、みんなで見守っていきたいですね。

__ (2).JPG
昨日の関東は、晴れ。桜並木も秋模様。

__ (4).JPG
木々の紅葉も進んでいます。

"みんなでつくる手話言語法" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。