地名の手話

今週は、神奈川県 横浜や川崎地区の手話サークルに、
いろいろお邪魔させていただいています。
皆さん、本当に、ありがとうございます。


「横浜」という手話は、
チョキを顔の横で、2~3度ふるように動かします。
横浜は、関東で初めて、理髪店が生まれた街で、
ひげそりのカミソリが由来だという説があります。
image/2014-07-17T22:58:14-1.JPG
(C)手話あいらんど/東 智宏


「川崎」は、
漢字の「川」を3本指で描き、
「崎(岬)」の地形を両手で表しています。
image/2014-07-17T22:58:26-1.JPG
(C)手話あいらんど/東 智宏


「東京」という手話は、
親指と人差し指を立て、上に動かす「東」を、
2度表現します。
『東の都』という意味合いになります。
image/2014-07-17T22:58:50-1.JPG
(C)手話あいらんど/中道 景子


すると・・・「京都」は?
そうです!!
親指と人差し指を立て、下に動かす「西」を、
2度表現します。
『西の都』という意味合いの表現になります。
image/2014-07-17T22:58:37-1.JPG
(C)手話あいらんど/中道 景子


ところで、今の時期よく使う単語に、
「虹」という手話があります。
私の好きな手話の一つです。
数字の「7」を頭上でアーチ形に動かします。
七色の虹が、空にかかっているイメージです。
image/2014-07-17T22:57:59-1.JPG
(C)手話あいらんど/高橋 愛


あなたの街にも、雨上りの虹。
出てますか?

"地名の手話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。